エミリアーノポンツィによる
ミラノサローネ60周年記念ポスター第4弾発表!

Salone del Mobile.Milano ‘90 (4/6) Emiliano Ponzi

QRよりAR (拡張現実)アプリをダウンロードしてお楽しみください。

数々の受賞歴を持つイタリアのイラストレーターが、ミラノを象徴するオペラの殿堂、スカラ座に敬意を表し、90年代のミラノサローネを再現しました。

60年代、70年代、80年代のポスターに続き、ミラノサローネとエミリアーノ・ポンツィは、90年代をテーマにした4枚目のイラストを発表しました。90年代は、すでに確立された見本市が、見本市会場の出展社たちと共に成長し続け、また、街中で行われる併催イベントのプログラムも、インスピレーションに満ち溢れ、入念に練られたものを誇っていた時代でした。デザイン界の巨匠に捧げる展覧会や、デザイン、アート、ファッション、食を組み合わせた斬新なクロスカッティングのイベントが開催されました。1994年、マッシモ・ヴィネッリがミラノサローネのグラフィック・アイデンティティ・システム全体をデザインし、1998年コンパッソドーロ賞を受賞。同年、マルヴァ・グリフィン・ウィルシャーの企画・キュレーションによるサローネサテリテがスタートし、イタリアをはじめ世界各国の若い才能あるデザイナーを数多くデビューさせ、成功に導きました。サローネサテリテは、35歳以下の新卒者やプロフェッショナルがデザインを発表する場であると同時に、将来の才能を求めている企業にとっては、新鮮なアイデアやデザインへの独創的なアプローチを実際に見て発掘できる場でもあります。

第60回ミラノサローネ国際家具見本市
サステナビリティをデザインし、美をたたえる

エミリアーノ・ポンツィによるミラノサローネ60周年ポスター/80年代 QRよりアプリをDLし拡張現実をお楽しみください 2022年6月、ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)では、60周年を迎えます。ミラノサローネを成功に導いた企業、ブランド、デザイナー、そして、今日、家具業界のエコロジーへの取り組みを反映した見本市の実現に貢献している人々のお陰で、このイベントが生み出す全ての「美」と共に60周年を祝福します。

エミリアーノ・ポンツィが語る70年代

ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)とエミリアーノ・ポンツィは、サローネが誕生し、その成功が拡大した1960年代のポスターに続き、1970年代のイラストを発表します。文化的、経済的、社会的なライフスタイルの変化が定着し、住空間や家具との関係が根本的に変化した10年でした。

supersalone のキーワード「デザイン、共有、持続可能」
安全な見本市 目指す

2021年のミラノサローネの特別イベントは、安全性、デザインの横断性、グリーンコミットメント(設置物をリサイクルすることで、大気中に放出される120万キログラムのCO2を回避すること)を約束して幕を開けます。423以上のブランドと50人のインディペンデントデザイナー、48の国際デザインスクールの170のプロジェクト、今日のクリエイティブシーンで最も影響力のある20人、コンパッソ・ドーロ賞を受賞した110脚の椅子、6人の偉大なシェフ、MDFFが選んだ5つの映画、“Forestami(フォレスタミ)” の200本の木、などが展示されます。サローネのデジタルプラットフォームを通してイベントの様子をフィジカルにもバーチャルにもフォローできるようになります。

イタリア政府 、9月ミラノサローネ開催に前向き姿勢を示す

Salone del Mobile.Milano | ミラノサローネ国際家具見本市 (以下、ミラノサローネ) と、その母体であるイタリア家具工業連盟 (FederlegnoArredo) は、キジ宮(首相官邸)や外務省、内務省、経済開発省、保健省、自治省との一連の会議を終えて、「ミラノサローネの再開に関する重要なニュースが間もなく発表されるだろう。」と述べ、早ければ次の閣僚会議でミラノサローネと家具業界全体の再開に向けて政府が具体的な支援を行う意思があることを明かしました。

2021年ミラノサローネ9月開催決定!

Salone del Mobile.Milano 2021 Salone del Mobie.Milano |サローネ・デル・モービレ・ミラノ ( 以下、ミラノサローネ ) の経営陣は会場であるフィエラ・ミラノと長期にわたり慎重な検討を重ねた結果、現時点で蔓延しているパンデミックの状況を加味し、より安全を保証するための2021年ミラノサローネの開催日を決定しました。 第60回 ミラノサローネ国際家具見本市 開催予定: 2021年9月5日 (日)〜10日(金)  ミラノサローネ代表 クラウディオ・ルーティ氏 コメント:…

マンリオ・アルメリーニ氏逝去

ミラノサローネの中核的存在 マンリオ・アルメリーニ氏 ( Manlio Armellini )  が11月16日に逝去された。 Salone del Mobile.Milano /サローネ・デル・モービレ・ミラノ (以下、ミラノサローネ) を運営するFLA EVENTI社の前身、コズミット/COSMIT社の事務局長に次いで1965年から CEO を務めた。 ミラノサローネ代表、クラウディオ・ルーティによるコメント 「ミラノサローネは、世界に認められるまでの成功を収めた粘り強さとスキルを持った大切な友、マンリオを失った。マンリオは起業家であり、見本市をデザインの枠を超えた国際イベントへと進化させた人物の一人だ。ミラノの街を塗り替える文化プロジェクトを手がけ、サローネサテリテの成功を信じ、時代の変化に順応し、サローネというブランドを守り強化するためのソリューションとイノベーションを考案してきた。彼にとって家であり、人生であり、妻のアルミダと共に歩んできたサローネを私たちが引き継いで歩むことが、惜しまれて去っていってしまった偉大なる男への何よりの賛辞となるだろう。チャオ、マンリオ。」

2020年ミラノサローネ国際家具見本市 6月に開催延期決定

ミラノサローネを運営するFLA Eventi社は2月25日に本社にて開かれた緊急会議において、新型肺炎による健康被害を考慮し、ミラノサローネ国際家具見本市の開催を6月16日(火)〜21日(日)へ延期することに決定しました。 今回の決定はミラノ市ジュゼッペ・サラ市長の強い支持のもと下され、イタリア製造業にとって重要なイベント、デザインとクリエイティビティのベンチマークであるミラノサローネを今年も国際舞台で開催することを約束します。 ビデオ:(左より:FLAE社エマヌエレ・オルシーニ社長、ミラノ市ジュゼッペ・サラ市長、ミラノサローネ クラウディオ・ルーティ代表) ジュゼッペ・サラ市長コメント英訳:Good evening to you all from the offices of the Salone del Mobile, where we…

Salone del Mobile.Milano 2020 第59回ミラノサローネ国際家具見本市 パートナーシップ&提携交通機関

2020年2月12日 今年のSalone del Mobile.Milano/ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)は、益々来場者のニーズ喚起を徹底し見本市に来ることが単に興味深い体験に終わらず、スムーズで快適にするため、より良いサービスの提供に努めています。従来のパートナーシップに加え、ホテル予約や市内での移動、飛行機や列車予約をよりスムーズにするため今年も新たな契約更新をしています。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close