Salone del Mobile.Milano 2022
第60回ミラノサローネ国際家具見本市 閉幕

ライブイベントとして復活したミラノサローネ 期待以上の来場者数を記録 品質、コミットメント、結束力、そして再出発への強い意志によって成功を収める 第60回ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)は、予想をはるかに上回る262,000人以上の来場者を記録し、ミラノ市とシステム全体の国際的な再スタートを切ることができ、このイベントの触媒的な力を確認することができました。 セルジョ・マッタレッラ イタリア共和国大統領のメッセージと共に開幕したイタリアの歴史が誇るミラノサローネは、非常にポジティブな結果で幕を閉じ、このイベントの魅力と世界への大きな影響力を誰もが再確認することができました。 出展企業1575社(内27%国外)と600人のサローネサテリテ参加デザイナーを合わせた2175の展示は、6日間で173カ国から262,608人の来場者を記録しました。トレードオペレーターやバイヤーの61%が国外から来場、2019年には42,000人以上を占めていた中国とロシアの来場者はほぼ不在の中、世界各国から3,500人以上のジャーナリストの来場も記録しました。 ミラノサローネ代表、マリア・ポッロ氏のコメント:「第60回ミラノサローネは予想をはるかに超え、大きな満足と深い感動をもって幕を閉じました。来場者数は、私たちが努力して達成した素晴らしい結果です。今回の開催で、この見本市の国際的な広がりとデザイン界の結束を確認することができました。この結果は、ミラノサローネの健全性と価値を示すものであり、国際的なレベルで最も複雑な局面においても、セクター全体とその創造的・生産的な組織のチームとして働く能力が、いかに優れた結果を生み出すことができるかを証明するものです。私たちは品質に投資し、イノベーションを生み出し続け、企業や製品の『ストーリーを伝える』ことへの意欲を示しました。常に密接な関係にあるミラノの街を、再び活性化させるエンジンになったのです。また、デジタルの役割は極めて重要で、この1週間で新しい国々と接触し、これまで接触できなかった国々と強い関係を維持することができました。このイベントに関わった企業、主催者、フィッター、デザイナーなど、一緒になってイベントを信じてくれたすべての人に感謝します。今回のサローネサテリテが、この業界とミラノに新たなエネルギーを与え、グローバルで意識的な体験を提供しようとする熱意と意欲を感じ取っていただけたと信じています」  国際的なコミュニティを巻き込み、情報を提供することを目的に、ミラノサローネのデジタルは、ウェブサイト、ニュースレター、アプリ、プッシュ、ソーシャルネットワーク(Instagram、Facebook、LinkedIn、Twitter、Pinterest、Youtube)といったプラットフォームで展開されました。ソーシャルサイトでは1350万のリーチを記録、公式ハッシュタグ(#salonedelmobile2022、#salonedelmobile60th)を使った5万以上のコンテンツ、60万のビデオ視聴、12万のコンテンツへのインタラクション、2500万のインプレッションを達成しました。先週だけで、480万ページビューを記録し、1日平均10万人のユーザー(69.2%がイタリア、30.8%が国外)が利用し、プラットフォームに登録する新規ユーザー数は42%増加しました。9月の公開以来、ダウンロード数が倍増したSalone del Mobile.Milanoアプリは、ロー・フィエラミラノを訪れる企業と業界関係者を直接結びつけることを目的としたマッチングサービスで、平均4万回のスキャンが行われました。最後に、開催期間中に毎日生放送されたポッドキャスト「Design Voices – Salone del Mobile」は、Amazon Musicのアート部門で3位にランクインし、今後数週間のうちに第2シーズンの詳細が予定されているとのことです。… つづく(PDF)

第11回SaloneSatellite Award (サローネサテリテ・アワード)2022 受賞者

SaloneSatellite (サローネサテリテ) 審査委員会は、デザインの形式的な斬新さだけでなく、サスティナブル、コミュニケーション、インタラクティブそして遊び心といった、現在と未来の大人から子どもまでの生活に不可欠な要素に着目し、そのメッセージ性が際立つ3つのプロジェクトを選出しました。受賞者リストPDF

Salone del Mobile.Milano 2022
第 60 回ミラノサローネ国際家具見本市
未来を見据え再スタートを切る

60 年という歳月は、品質、革新性、そして環境と社会への責任を追求することに費やされまし た。ミラノサローネは節目を迎えましたが、立ち止まっていません。新たな挑戦は、より倫理 的で意識的な家具システムのビジョンを具体化すること、そしてウェルネス、暮らし、包括の ための条件と空間を生み出すことができるデザインを実現することにあります。 ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)は、ついに、そして再び、スタート ラインに立ちました。第 60 回を迎える今年は、定点観測と(再)発見を求める社会のために、 美を構築します。ミラノサローネは、デザインの創造力と家具システム全体の社会的・政治的 役割について共に考えるための時間、場所、ツールでなければならないことを意識し、ミーテ ィング、議論、対話の重要性を再確認しながら、完全復活します。ミラノ、イタリアに根ざし、 世界中に展開され、品質、人間関係、ビジネスチャンス、創造的な道を生み出し、私たちの生 活(そして暮らし)にポジティブな影響を与える好循環システムの要として、グローバルイベ ントであることを(再び)主張しています。60 年間、優れた製品を世に送り出してきただけで なく、人間と自然を中心に据えた、必要かつ責任あるデザインを世に送り出してきました。こ のエディションは、基本的な考え方や仕事の進め方を中心に築き上げられたものです。 ミラノサローネ マリア・ポッロ代表のコメント:「周年記念というと、特別なイベントを開催したりしますが今日はその必要はありません。 パンデミックと国際的なシナリオによって、この第 60 回の意味を真剣に考えなければなら なくなった。私たちは皆、さまざまな働き方、旅、生き方を試みています。また、自分た ちの生活を再構築するという課題にも取り組んでおり、そのために自分たちを改革する必 要に迫られています。私たちの生活空間がどのように適応されるべきか、すでにある分野 では懸命に対応策を考えています。今回のサローネは、それらを共有する機会でもありま す。そのため、私たちは、出展者、企業、建築家、サローネサテリテの若手デザイナー、 テーマ別講演のスピーカーなど、すべてのアクターが集合的なプロジェクトで自己表現で きるようなイベントを開催するために、展示力と国際性に重きを置いています。出展社の…

エミリアーノポンツィによる
ミラノサローネ60周年記念ポスター第4弾発表!

Salone del Mobile.Milano ‘90 (4/6) Emiliano Ponzi

QRよりAR (拡張現実)アプリをダウンロードしてお楽しみください。

数々の受賞歴を持つイタリアのイラストレーターが、ミラノを象徴するオペラの殿堂、スカラ座に敬意を表し、90年代のミラノサローネを再現しました。

60年代、70年代、80年代のポスターに続き、ミラノサローネとエミリアーノ・ポンツィは、90年代をテーマにした4枚目のイラストを発表しました。90年代は、すでに確立された見本市が、見本市会場の出展社たちと共に成長し続け、また、街中で行われる併催イベントのプログラムも、インスピレーションに満ち溢れ、入念に練られたものを誇っていた時代でした。デザイン界の巨匠に捧げる展覧会や、デザイン、アート、ファッション、食を組み合わせた斬新なクロスカッティングのイベントが開催されました。1994年、マッシモ・ヴィネッリがミラノサローネのグラフィック・アイデンティティ・システム全体をデザインし、1998年コンパッソドーロ賞を受賞。同年、マルヴァ・グリフィン・ウィルシャーの企画・キュレーションによるサローネサテリテがスタートし、イタリアをはじめ世界各国の若い才能あるデザイナーを数多くデビューさせ、成功に導きました。サローネサテリテは、35歳以下の新卒者やプロフェッショナルがデザインを発表する場であると同時に、将来の才能を求めている企業にとっては、新鮮なアイデアやデザインへの独創的なアプローチを実際に見て発掘できる場でもあります。

第60回ミラノサローネ国際家具見本市
サステナビリティをデザインし、美をたたえる

エミリアーノ・ポンツィによるミラノサローネ60周年ポスター/80年代 QRよりアプリをDLし拡張現実をお楽しみください 2022年6月、ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)では、60周年を迎えます。ミラノサローネを成功に導いた企業、ブランド、デザイナー、そして、今日、家具業界のエコロジーへの取り組みを反映した見本市の実現に貢献している人々のお陰で、このイベントが生み出す全ての「美」と共に60周年を祝福します。

エミリアーノ・ポンツィが語る70年代

ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)とエミリアーノ・ポンツィは、サローネが誕生し、その成功が拡大した1960年代のポスターに続き、1970年代のイラストを発表します。文化的、経済的、社会的なライフスタイルの変化が定着し、住空間や家具との関係が根本的に変化した10年でした。

「サローネ/ラ・チッタ」展 開催 <br>「supersalone」市内ハブ、トリエンナーレにて

9月4日から12日までの間、ミラノの象徴的な地域や場所で、この卓越した家具とデザインの展示会が長年にわたって作り上げてきたインスタレーションやプロジェクトが、ミラノ・デザイン・ミュージアムで展示されます。 ミラノサローネは、”最新の特権 “を持つ国際的な舞台であり、デザインの芸術と文化の現状を見直すことができる付帯イベントを長年にわたって提供してきました。ビジネスと文化は、実際、ミラノサローネが長年にわたって発展させ、純粋に商業的な提案を、強いインパクトと高い価値を持つ文化的な提案と結びつけてきました。これは、世界でデザインに携わるすべての人々が認める、絶対的な勝利であることが証明されています。

「supersalone」の森 >
イタリアのシンガーソングライター、マルコ・メンゴーニのメロディーが響く

ミラノの都市緑化プロジェクト 「フォレスタミ – Forestami 」の一環として、「supersalone」で200本の木の色と香りを再現しました。フェデリコ・オルティカが設計したアートプロジェクトは、マルコ・メンゴーニの音楽に合わせて、印象的なインスタレーションを進化させています。 ミラノサローネと「フォレスタミ」のパートナーシップにより、ロー・フィエラミラノ見本市会場の東口には約100本の木が来場者を迎え、ユニークで快適な環境を提供します。この没入型で感覚的な体験は、来場者を魅了し、持続可能性を重視した見本市へのプロムナードとなります。この「森」は、エントランスにとどまらず、イベントの中心部へと続きます。そこでは、さらに100本の高木が、さまざまな展示スペースや多くの休憩・リラクゼーションエリアで来場者を迎えます。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close