2021年ミラノサローネ9月開催決定!

Salone del Mobile.Milano 2021 Salone del Mobie.Milano |サローネ・デル・モービレ・ミラノ ( 以下、ミラノサローネ ) の経営陣は会場であるフィエラ・ミラノと長期にわたり慎重な検討を重ねた結果、現時点で蔓延しているパンデミックの状況を加味し、より安全を保証するための2021年ミラノサローネの開催日を決定しました。 第60回 ミラノサローネ国際家具見本市 開催予定: 2021年9月5日 (日)〜10日(金)  ミラノサローネ代表 クラウディオ・ルーティ氏 コメント: 「デザイン業界にとって来年ミラノサローネを開催することは絶対的な優先事項です。私たちはこの数週間、刻々と変化する状況を考慮し、一度発表したら延期や中止を極力回避することに注力してきました。ミラノサローネの開催日を変更することは、開催期間だけでなく、ブースの設営から解体までの日数を考慮する必要があります。更にはフィエラ・ミラノ会場で開催される他の見本市との調整も要します。フィエラ・ミラノの多大なる協力のお陰で、私たちは可能な限りベストな解決策をようやく見出すことができました。 また、9月に開催することでパンデミックが収まるのに十分な時間を稼ぐことができ、国際レベルでデザインの再スタートの機会を提供できると信じています。私たちは皆、ミラノのサローネを必要としています。この数カ月間、世界中のクライアントやデザイナー、国際レベルで我々をフォローするマスコミなどから、絶え間なく開催日程の確認を求められました。最高な製品のデザインと製造に果敢に取り組む企業と同じく、我々も彼らと共に歩み、更に魅力的で意欲的な存在であり続けます。あらゆる分野において長期に渡る物理的および社会的距離を強いられたいま、私たちは9月のサローネをリアルに会えて議論できる機会、新しいアイデアで賑わうミラノの街で皆の興奮を共有できる機会にしたいと願っています。」 第60回ミラノサローネは隔年開催見本市を初めて合同展示する唯一の特別開催となります。

マンリオ・アルメリーニ氏逝去

ミラノサローネの中核的存在 マンリオ・アルメリーニ氏 ( Manlio Armellini )  が11月16日に逝去された。 Salone del Mobile.Milano /サローネ・デル・モービレ・ミラノ (以下、ミラノサローネ) を運営するFLA EVENTI社の前身、コズミット/COSMIT社の事務局長に次いで1965年から CEO を務めた。 ミラノサローネ代表、クラウディオ・ルーティによるコメント 「ミラノサローネは、世界に認められるまでの成功を収めた粘り強さとスキルを持った大切な友、マンリオを失った。マンリオは起業家であり、見本市をデザインの枠を超えた国際イベントへと進化させた人物の一人だ。ミラノの街を塗り替える文化プロジェクトを手がけ、サローネサテリテの成功を信じ、時代の変化に順応し、サローネというブランドを守り強化するためのソリューションとイノベーションを考案してきた。彼にとって家であり、人生であり、妻のアルミダと共に歩んできたサローネを私たちが引き継いで歩むことが、惜しまれて去っていってしまった偉大なる男への何よりの賛辞となるだろう。チャオ、マンリオ。」 【マンリオ・アルメリーニ/ MANLIO ARMELLINI 経歴】 イタリア共和国功労大十字騎士勲章 受賞 1937年10月9日 マルケ州 アスコリ・ピチェーノ県 ポルト・サン・ジョルジョに生まれる。 40年以上に渡る家具業界(見本市、出版、文化イベント)での活躍はサローネを運営するイタリア家具工業連盟から始まる。正にミラノサローネが開幕した1961年当初から携わり優れた功績を称えられ国内外の賞を多数受賞、1965年には家具業界の主要な企業を招集し見本市を拡大し国際見本市へと導いたのはアルメリーニ氏だった。1974年には事務局長に就任し彼の指揮の下、見本市は出展面積9万7千㎡から22万2千㎡へ拡大、来場者は6万7千人から海外からの21万人を含む34万8千人へと成長し、イタリア製家具を世界で絶対的なリーダーシップへと位置付けた。 1965年の時点でアルメリーニ氏は40を超える文化的併催イベントも同時に手掛けていた。これは、ミラノサローネが既に見本市の領域を超え、芸術文化とデザイン文化の世界へと進出していたことを意味する。この併催イベントは、イタリアのデザインが家具部門全体の様式的、形式的、そして産業的なベンチマークになることを知らしめた。…

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close