Salone del Mobile.Milano 2021  
ミラノサローネ2021 特別展
「supersalone (スーパーサローネ)」

2021年 Salone del Mobile.Milano | ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)の特別展「supersalone (スーパーサローネ)」はようやく本格的な準備に取り掛かっています。新企画の特別展はキュレーターのステファノ・ボエリ氏と、5名のデザイナーチームによって手掛けられます:アンドレア・カプート(Andrea Caputo)、マリア・クリスティーナ・ディデーロ(Maria Cristina Didero)、アンニーナ・コイヴ(Anniina Koivu)、ルーカス・ウェクウェイト(Lukas Wegwerth)、スタジオ・フォルダー(Studio Folder)のマルコ・フェラーリとエリーザ・パスカル(Marco Ferrari、Elisa Pasqual) 9月5日から10日までロー・フィエラミラノで開催されるミラノサローネ 2021特別展、「supersalone(スーパーサローネ)」の詳細が少しずつ明かされていきます。 新しいコンセプトと優れたキュレーション、そして大規模なデザイン展としては業界再出発の先陣を切り、デザイン、文化、イノベーションの国際的ビジョンの中で、ミラノとミラノサローネが中核的存在であることを再確認することができるでしょう。 「supersalone(スーパーサローネ)」:イベントのマニフェストとなる名称とロゴを掲げる今回の特別展は、業界関係者だけでなく一般来場者にも毎日開放され、1度限りのユニークなイベントとなります。純粋なビジネスの枠を超えて、コロナウイルスの蔓延に対し国が定める規則や健康プロトコルを遵守しながら、前例のない構成、解放、融合、拡張が共存するエディションとなります。 建築家のステファノ・ボエリと、彼が選んだ国際的なデザイナーチーム(アンドレア・カプート、マリア・クリスティーナ・ディデーロ、アンニーナ・コイヴ、ルーカス・ウェクウェイト、スタジオ・フォルダーのマルコ・フェラーリとエリーザ・パスカル)は、デザイナー、キュレーター、エキシビション・デザイナー、グラフィック・デザイナーとしてのスキルと専門性を持つチームです。このチームは、「ステファノ・ボエリ・インテリアズ」のの共同設立者でありディレクターであるジョルジオ・ドナと協力して、オープンで、熱気に溢れ、意識が高く、厳格さを兼ね備えると同時に、近接し、熟考し、共有する状況の中で、プロジェクトや製品を向上させる革新的な方法を定義します。 新しい展示形式は、現代の生活空間への新たな関心と配慮を称える「大規模なデザインライブラリー」となり、その空間は過去18カ月間に発表された各社の新製品と調和し、「カスタマージャーニー」の終わりには、ミラノサローネの新しいデジタルプラットフォームにより製品を購入できるようになります(収益の一部は慈善団体に寄付されます)。 今回の展示レイアウトは、製品カテゴリーごとに設計された長い平行なパーティションが用意されており、企業のアイデンティティや製品を垂直の壁に展示したり、水平の面に展示したりすることができます(いずれもモジュラー方式)。流動的でダイナミックな展示ネットワークは、創造性、卓越性、ノウハウなどの国内外の膨大なアーカイブの中を自由に行き来することを可能にします。 循環性と持続性を考慮して、レイアウトを構成するすべての材料と部品は、解体して再利用できるように設計されています。さらに、フィエラ会場の東ゲート(Porta Est) にはプロジェクト、「Forestami(フォレスタミ)」により、200本の木で飾られた緑のレセプションエリアが設けられ、6日間のイベント終了後には、ミラノ市内に植樹されます。フィエラ会場は、スタジオ・ステファノ・ボエリ・アーキテクツと5人の協業するデザイナーが考案したエリアやテーマに沿った会場構成となります:雑談エリア、ビジネスミーティング用ラウンジ、デザイン学校の若者のためのエリア、ADIが企画したコンパッソ・ドーロ賞を受賞した椅子の展示、Identità Golose(イデンティタ・ゴローゼ/国際料理シンポジウム)とのコラボレーションでデザインされたフードコート、ソーシャルエリア、リラクゼーションエリアなど。現代のシーンの主役や未来の思想家との出会いの場となる特別プログラムと、この分野を代表する最高の専門家とのコラボレーションによる素晴らしいライブ音楽イベントが交互に開催されます。それは、多くの出会いの可能性を秘めた場所であると同時に、長居したり、考えたり、感じたりすることを促す展示スペースの新しい考え方で、一般的な展示会スタイルの概念を覆す構成となっています。 ステファノ・ボエリのコメント:「『supersalone/スーパーサローネ』は、経済と文化の回復と再生という非常にデリケートな時期の、デザイン業界の専門家や企業による寛大さと創造性の賜物です。今回初めて、ミラノサローネは会期中、一般来場者にも開放され、国際的なデザインの優れた製品を選び、購入する機会を提供します。何千ものメーカー、オペレーター、小売業者、技術者、作業者、デザイナー、愛好家の方々の協力により、ロー・フィエラミラノは6日間、再び国際的なデザインの発信地となります。FederlegnoArredo(イタリア家具工業連盟)とSalone del Mobile.Milano(ミラノサローネ)には、私を信頼してくれたこと、そしてこれほど重要なイベントの開催を諦めなかった勇気に感謝しています」 今回の開催では、デジタルとフィジカルの融合が、非常に魅力的な体験を提供します。6月30日にデビューするミラノサローネの新しいプラットフォームは、オリジナルのコンテンツとメディア特有の言語によって、展示されているデザインを引き立てるだけでなく、来場前、来場中、来場後にユーザーをイベントの中心に置くよう設計されています。展示スペースとテーマ別の展示会場が、これまでにない方法で対話し、製品を見た後、購入を予約することができます。つまり、異なる世界、ユーザー、市場の間で新しい形の統合と相互接続を実現するデジタルクロスロードです。 イタリア家具工業連盟/FederlegnoArredo 会長、クラウディオ・フェルトリン氏のコメント:「このような困難で複雑な年に、『supersalone(スーパーサローネ)』と呼ばれる特別なイベントを開催するという挑戦を受け入れたことは、我々の企業と連盟が、デザインコミュニティ、国内外のバイヤー、メディア、さらには一般の人々を再びロー・フィエラミラノに呼び寄せ、世界でも類を見ない、ミラノ市でしか開催できないイベントに参加させるという難題に、どれだけ心を砕いたかを具体的に示すものです。リーダーがリーダーシップを発揮するための強い刺激を見出すことができる独特の歴史的な時代にふさわしい、異色のイベントです。諦めることもできましたが、それは企業のDNAにはありません。私たちは、家具業界のすべての企業が、世界で紛れもないメイド・イン・イタリーの旗手となったサクセスストーリーを守る義務がありました。それは、独特の専門性、先見性と空間やインテリアを考え、想像する能力があったから実現できたと言えるでしょう。9月の特別展がこれまでとは異なるものになることは十分に承知していますし、今回のような例外的な状況下、他に選択肢がありませんでした。しかし、従来のミラノサローネとの間に共通点があるとすれば、展示される製品の紛れもない品質と、我々のブランドたちの名声であり、これらはボエリ氏と今回特別に選ばれたチームがデザインした特別展で更に高められ、驚くような結果になると確信しています。フィエラミラノをはじめ、地方や地域、国の機関など、この冒険に協力してくれたすべての人々に感謝します。9月のイベントは、私たちの部門がしっかりとその地位を確立し、新たな挑戦に向けて前進していることを世界に伝える最高の機会となるでしょう。」 アッサーレード(Assarredo、イタリア家具工業連盟の家具部門)の代表であるマリア・ポッロ氏のコメント:「現在のトレンドは、家の重要性を再評価し、私たちが暮らす場所に投資する必要性を示しています。また、時事問題が示す新しい論理に基づいて、永続的な方法で家具をデザインすることで、プライベートな空間や共同生活の空間を再考しています。9月のイベントでは、各社が未発表の2021年製品を発表する貴重な機会となります。大きな変化の時代にあって、自分自身を改革する能力は、このユニークなイベントの主な原動力となるでしょう。このイベントは、素晴らしいチームワークによって、私たちの部門だけでなく、国全体の再出発となるイベントとなるでしょう。ようやく存在感を示したこの瞬間に、デザイン部門はそのエネルギーのすべてをもって、我々が誇る品質を最高の形で表現することができるでしょう。サローネの革新的なプラットフォームは、製品を紹介するだけでなく、イタリア製のデザインがその研究と継続的な革新を世界に示す物理的なイベントと密接に連携してサービスを提供するために設計された新しいメディアであり、企業にとって大きなチャンスとなるでしょう。」…

ミラノサローネ2021
キュレーターにステファノ・ボエリ氏を任命
国際的に活躍する若手建築家や専門家のチーム結成

建築家のステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)氏が、2021年に開催されるSalone del Mobile.Milano | ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)特別展のキュレーターに任命されました。ボエリ氏は、国際的に著名な若手建築家や専門家からなるチームの支援を受けます。FLA Eventi社(イタリア家具工業イベント社)の取締役会はステファノ・ボエリ氏に、2021年9月5日から10日までロー・フィエラミラノや市内で開催される見本市やイベントの新しいコンセプトと展示構成を一任しました。 国際的に著名なキュレーターチームによって考案される独創的でダイナミックな空間やテーマは、6月に発表されるミラノサローネの新デジタルプラットフォームともリンクし、2021年の特別展でその真価を発揮します。9月の6日間は、2022年4月に開催される第60回ミラノサローネに向けてのイノベーションにおける重要なハブとなります。 今回の特別展は、形式的にも芸術的にも初めてのプロジェクトで、業界関係者だけでなく一般も期間中通して来場が可能、過去18ヶ月間に発表された新製品をロー・フィエラミラノにて特別価格で購入することができます。また収益の一部は慈善活動に寄付されます。 この特別展(イベント名は近日発表予定)は、国際的な家具とデザインシーンにおいて過去1年半に各社から発表された最高の製品が、感動的な空間の中で展示される一度限りのイベントとなります。 FLA (イタリア家具工業連盟) 会長、クラウディオ・フェルトリン氏のコメント:「9月のイベントは、唯一無二で革新的なものになるでしょう。建築家のステファノ・ボエリ氏と、結成された若いキュレーターチームの豊富な経験と感性によって、企業が持つ最高の技術と革新性が国内外の人々に披露されます。訪れる人たちへ今日の進化した家具とインテリアを探求し発見する機会を提供し、ミラノが紛れもなくデザイン経済の中心であることを証明します。復興のシンボルとして全力を尽くす全ての人が集結し、ミラノサローネが常に示してきたものに敬意を表すでしょう。そして、ここに至るまでの冒険と呼べる道のりを常に支えてくれ、これからも支えてくれるだろう全ての機関に感謝の意を表します。」 ステファノ・ボエリ氏のコメント:「業界関係者と一般、双方に開かれた今回の特別展があらゆる点で見逃せないイベントとなるよう取り組んでいます。各社の最新かつ最も優れたイノベーションに加えて、高品質のデザイン製品が展示され、特別価格で提供されます。家庭やワークスペースを見直したいという多くのニーズに応えます。2021年の開催は、ミラノという街が、世界の中でクリエイティブな革新と社会的な寛大さの中心であることを再確認するイベントとなるでしょう。」 このプロジェクトの詳細については、近日中に発表予定です。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close