中国からマスク50万枚がイタリアへ

イタリア家具工業連盟、ミラノサローネ、VNUエキシビション・アジア 協力 イタリア家具工業連盟 (FederlgnoArredo)とミラノサローネ国際家具見本市/Salone del Mobile.Milano (以下、ミラノサローネ)は、VNUエキシビション・アジア(FLA中国と共に上海ミラノサローネ/Salone del Mobile.Milano Shanghai を運営する団体)の多大なる協力のもと、中国における全てのデザイン業界、家具産業界から協力を得て、54万5千枚のマスク(医療用マスクを含むFFP2、FFP3、KN95、N95)を北京の在中国イタリア大使館へ届けることができ、イタリア赤十字へ送られた後に緊急援助を要する医療施設へ配布されます。 イタリア家具工業連盟、ミラノサローネ、VNUエキシビション・アジアは、互いに助け合い固い絆を結ぶことによってのみ、今日私たちが直面している非常事態を克服できると信じています。1つ1つの貢献が、全世界で猛威を振るうウィルス、COVID-19との厳しい戦いにおいて非常に重要で、大きな人道的価値を意味します。また、常日頃から中国と友好関係であったイタリアも、湖北省で流行が始まってすぐ中国政府に支援、援助を提供してきました。 イタリア家具およびデザイン業界は、中国において過去20年間に驚くほどの結果を達成しており、これは両国の業界関係者同士の強い絆と友情により実現しました。今回のVNUエキシビション・アジアによるイニシャティブは、このデリケートな時期にイタリアを支援し友好関係を証明するだけでなく、1日も早く私たち皆が揃って、再び一緒にこの収益性の高いコラボレーションを強化し、両国にとって更に良い結果をもたらすことへの願望と希望の表れでもあります。

Salone del Mobile.Milano | ミラノサローネ国際家具見本市 2021年へ延期決定

Salone del Mobile. Milano/ミラノサローネ国際家具見本市 (以下、ミラノサローネ) は2020年に予定されていた開催が、2021年4月13日(火)〜18日(日)へ延期されることが決定しました。2月25日に4月から6月への延期を発表し、6月開催に向け最後まで実現を模索しましたが、状況が一変し先行きが不透明になり、世界的な緊急事態が長引く中、ミラノサローネの主催者として止むを得ない決断となりました。 2021年はミラノサローネの60周年でもあり、業界全体にとって特別開催年となります。従来の隔年開催見本市が初めて同時開催されます。毎年開催のサローネ国際家具見本市、ワークプレイス3.0、サローネ国際インテリア小物見本市、S.Project、サローネサテリテに加え、2021年開催予定のエウロルーチェ はもちろん、エウロクチーナ/ FTK、サローネ国際バスルーム見本市も全てが一堂に会します。 業界全ての企業、ミラノサローネと相乗的に機能するサプライチェーン全体、そしてミラノの街が再起動する機会となる1度限りの一大イベントを開催します。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close