Search

ミラノサローネ2021
キュレーターにステファノ・ボエリ氏を任命
国際的に活躍する若手建築家や専門家のチーム結成

建築家のステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)氏が、2021年に開催されるSalone del Mobile.Milano | ミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノサローネ)特別展のキュレーターに任命されました。ボエリ氏は、国際的に著名な若手建築家や専門家からなるチームの支援を受けます。

FLA Eventi社(イタリア家具工業イベント社)の取締役会はステファノ・ボエリ氏に、2021年9月5日から10日までロー・フィエラミラノや市内で開催される見本市やイベントの新しいコンセプトと展示構成を一任しました。

国際的に著名なキュレーターチームによって考案される独創的で
ダイナミックな空間やテーマは、6月に発表されるミラノサローネの新デジタルプラットフォームともリンクし、2021年の特別展でその真価を発揮します。9月の6日間は、2022年4月に開催される第60回ミラノサローネに向けてのイノベーションにおける重要なハブとなります。

今回の特別展は、形式的にも芸術的にも初めてのプロジェクトで、業界関係者だけでなく一般も期間中通して来場が可能、過去18ヶ月間に発表された新製品ロー・フィエラミラノにて特別価格で購入することができます。また収益の一部は慈善活動に寄付されます。

この特別展(イベント名は近日発表予定)は、国際的な家具とデザインシーンにおいて過去1年半に各社から発表された最高の製品が、感動的な空間の中で展示される一度限りのイベントとなります。

FLA (イタリア家具工業連盟) 会長、クラウディオ・フェルトリン氏のコメント:
「9月のイベントは、唯一無二で革新的なものになるでしょう。建築家のステファノ・ボエリ氏と、結成された若いキュレーターチームの豊富な経験と感性によって、企業が持つ最高の技術と革新性が国内外の人々に披露されます。訪れる人たちへ今日の進化した家具とインテリアを探求し発見する機会を提供し、ミラノが紛れもなくデザイン経済の中心であることを証明します。復興のシンボルとして全力を尽くす全ての人が集結し、ミラノサローネが常に示してきたものに敬意を表すでしょう。そして、ここに至るまでの冒険と呼べる道のりを常に支えてくれ、これからも支えてくれるだろう全ての機関に感謝の意を表します。」

ステファノ・ボエリ氏のコメント
「業界関係者と一般、双方に開かれた今回の特別展があらゆる点で見逃せないイベントとなるよう取り組んでいます。各社の最新かつ最も優れたイノベーションに加えて、高品質のデザイン製品が展示され、特別価格で提供されます。家庭やワークスペースを見直したいという多くのニーズに応えます。2021年の開催は、ミラノという街が、世界の中でクリエイティブな革新と社会的な寛大さの中心であることを再確認するイベントとなるでしょう。」

このプロジェクトの詳細については、近日中に発表予定です。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close