Search

supersalone
勇気と、ビジョンと、団結力が勝利を飾る

ミラノサローネの特別展は、6万人以上の来場者を記録しました。マッタレッラ大統領は、このイベントの開催を実現させた勇気とその質の高さを讃え、来場者数は予想を上回り、ミラノ市とシステム全体、そして国の再出発を確認しました。そして、2022年4月5日から10日に開催予定の第60回ミラノサローネの原動力にもなっています。

2021年のミラノサローネの特別イベント「supersalone」は、セルジオ・マッタレッラ共和国大統領のスピーチで幕を開け、企業たちの絶大な信頼のもと新しい横断的なフォーマットを巻き込む魅力と優れた能力のおかげで、非常に良い結果に終わりました。グリーンパス・コントロールシステムと各入口に設置された即席抗原検査ハブのおかげで、関係者も一般来場者も安心してイベントに参加でき、最大限の安全性が保証されました。
 
425ブランドが出展し、そのうち16%がイタリア国外からの出展、さらに22カ国170人の若者39人のインディペンデント・デザイナーが参加しました。来場者数は、6日間で6万人を超え、そのうち30%が113カ国からの外国人でした。来場者の半数以上が、貿易オペレーターやバイヤー(うち47%はイタリア国外から)、また、世界各国から約1,800名のジャーナリストが来場しました。
 
ミラノサローネの新しいデジタルプラットフォームは重要な役割を果たし、新たなアプローチで「supersalone」の期間中、イベントを盛り上げ、会場にいる来場者だけでなく、遠隔地のユーザーにもかつてないほどの支持を得ました。企業や製品がそれぞれのストーリーを語り、多くの著名人が発言する機会を得て、情報が交換され、直接のコンタクトが増え、9月9日(木)までの数字を見る限り、ダイナミックに成長しているコミュニティの様子が顕著に表れています。また、イタリア人と外国人のログイン率が50%ずつで、プラットフォーム全体が閲覧されています。
 
新しいアプリで22,000以上のQRコードがスキャンされ、ウェブサイトでは、150万ページビュー1日平均9万人のユーザーを記録しました。ミラノサローネの新しいTikTokアカウントでは、「supersalone」の最初の5日間で19本の動画がアップロードされ、総再生回数は63万回を超えました。また、Apple Podcastsでイタリアのトップ100にすぐに入ったSuper! Podcastの最初の3本では、2,000回のストリーミングがありました。ソーシャルチャネル(Instagram、Facebook、Linkedin、Twitter)では、1,500万インプレッション、2万5千インタラクション、5万ビデオビューを記録しました。
 
あらゆるデジタルチャネルを駆使して、1年365日、ミラノサローネのアクティブな声を伝え続けたいという思いを後押しする結果となりました。

photo:Andrea Mariani
ミラノサローネ代表のマリア・ポッロは次のように述べています:
 
「今回のミラノサローネは、大きな満足感と大きな感動をもって閉幕します。最初の、決定的な一歩を踏み出し、自分たちの存在感を示し、国全体に向けてシグナルを送ることが重要でした。私たちはそれを成し遂げました。このイベントに賭けた企業、ステファノ・ボエリ率いるキュレータチーム、オーガナイザー、施工業者、デザイナー、文化・コミュニケーションの広報など、全員がこのイベントを信じて取り組んだ努力に感謝します。特に、政府機関の支援を確約してくれたセルジオ・マッタレッラ共和国大統領に感謝しています。
この 『supersalone  実現することは、大変な勇気と、大きな責任を伴うものでした。システム全体やサプライチェーン全体にとって、象徴的なものやデジタルなものだけでなく、物理的かつ具体的な機会が必要でした。私たちは、品質、持続可能性、デジタル面に焦点を当てて投資と計画を行いました。その結果、私たちの熱意が誰の目にも明らかになりました。システムを構築し、ビジネスの枠を超えて、形は違えどグローバルな体験を提供するために、イノベーション、コミットメント、結束力が本当に重要であることがわかりました。私たちは導火線に火をつけ、国際的なデザインコミュニティ全体、ミラノ市、そして業界全体を巻き込んだ連鎖反応を起こしました。今、私たちは未来に目を向けています。この集合的な遺産の価値と歴史を改めて認識し、202245日から10日まで開催される第60回ミラノサローネに向けて、新たな挑戦を始めようとしています」。
 
多くの政府関係者機関関係者が参加したことも、ミラノサローネが国の経済的原動力として重要な役割を果たしていることを物語っています。SIMESTを通じた外務省イタリア大使館貿易促進部 (ICE) の具体的な支援は、このイベントの国際的な重要性を裏付けるものであり、ロンバルディア州の支援は、この地域が業界にとって中心的な役割を果たしていることを証明しています。同様に、会場主であるフィエラ・ミラノとの緊密な協力関係も、このイベントの成功に貢献しました。
イタリア家具工業連盟(FederlegnoArredo)会長、クラウディオ・フェルトリン氏のコメント:
 
開催が決定してから4ヶ月も経たないうちに、建築家のステファノ・ボエリ氏が任命され、そして今、予想を上回る最終的な数字によって、 『supersalone の成功が裏付けられました。このイベントの歴史を要約する3つのステップ挑み勝利を勝ち取ったのです。それは、この18ヶ月間に生み出された作品を全世界に見せようとする企業家たちの勇気と参加意欲の結果であり、価値ある実験に参加する絶好のチャンスを掴んだのです。
 
このイベントは、名実とも “super” な salone であり、卓越した時代、デザイン、持続可能性、品質、研究、革新、文化、食を原動力とする革新的なフォーマットを見事にまとめ上げました。言い換えれば、わが国のビジネス構造の王冠の中の宝石であり、supersalone』 のおかげで、渾然一体となってハーモニーが奏でられ、関係するすべてのアクターがシステムを構築する能力を実証しました。
 
私たちのサプライチェーンは、ローの見本市会場のパビリオンから、その分野におけるリーダーシップを証明することができ、イタリア国内外のバイヤー、業界関係者などを魅了し、国内外の報道機関で大きく取り上げられました。そして何よりも、425のブランドが代表する家具部門の企業家たちが、国全体の再出発のために旗を掲げ、受け皿を、そしてホームを供給する責任を負い、それ以上のことをしてくれたことが評価されたのだと思います。
 
わずか数ヶ月の間に成功を導くフォーマットを考案できたのは、デザイン界以外では不可能だったでしょう。イタリアの企業は常に革新的なものを求めており、このような 『supersalone』 を成功できたことは、イタリアが再び活気づいことを世界に伝える具体的な手段となりました。8の夏休みも私たちを信じ、より高い目的のために努力と時間を捧げてくれた皆さんに感謝したいと思います。『supersalone 実現することは正しいことだと常に考えていましたが、この6日間を経て今日それを確認できたことで、これまでの努力に報いる最高の満足感が得られ、20224月の開催に向けてエネルギーと熱意を持って前進することができます。」
 

The Lost Graduation Show(幻の卒業制作展)」は来場した多くのデザイナーや建築家からも絶賛され、また、40名以上の著名な講演者(建築家、イノベーター、ビジョナリー、起業家、アーティスト、政治家など)による豊富なプログラムは大盛況で、デザインの基本的なテーマや社会的・環境的な価値について、再び実際に会って議論したいという思いがこれまで以上に生きていることを示しました。また、4つのイタリア料理界の著名人監修による「イデンティタ・ゴローゼ・フード・コート」も大好評でした。
 
 
多くの政府関係者機関関係者が参加したことも、ミラノサローネが国の経済的原動力として重要な役割を果たしていることを物語っています。SIMESTを通じた外務省イタリア大使館貿易促進部 (ICE) の具体的な支援は、このイベントの国際的な重要性を裏付けるものであり、ロンバルディア州の支援は、この地域が業界にとって中心的な役割を果たしていることを証明しています。同様に、会場主であるフィエラ・ミラノとの緊密な協力関係も、このイベントの成功に貢献しました。
「supersalone 」 のキュレーター、建築家のステファノ・ボエリ氏のコメント:
 
「昨年6月、私たちは 『supersalone』 の開催を決定しました。それは、見逃すことのできない特別なイベントであり、1週間にわたってデザインと家具の世界全体を動かすことができるものです。これは、ミラノサローネからの信頼、企業の意欲、そして、アンドレア・カプート、マリア・クリスティーナ・ディドロ、ジョルジオ・ドナ、アンニーナ・コイヴ、スタジオ・フォルダー(マルコ・フェラーリとエリサ・パスカル)、ルーカス・ヴェグヴェルトといったキュレーターのチームの素晴らしい仕事のおかげです。
一般公開され、デジタルでの交流や購入が可能で、製品の価値を高めることができる明確な展示形式を持ち、素材は完全にリサイクル可能で、レイアウトは解体可能。 supersalone』 は、困難な時代に、勇気、情熱、明確な目的の組み合わせが、世界を変えることができる手段であることを示すものでした。」
 
ミラノ市内からも開催の成功を讃える声が挙がっています。ミラノサローネのためにイタリア・デザインミュージアムが企画した展覧会il Salone / la Città(ラ・チッタ)を開催しているトリエンナーレ・ミラノには、この数日間で35,000人の来場者がありました。好評につき、919日までさらに1週間延長されました。
次回の開催は、2022年4月5日から10日まで
ロー・フィエラミラノにて皆様の来場をお待ちしています。
Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close