Search

「supersalone」の森 >
イタリアのシンガーソングライター、マルコ・メンゴーニのメロディーが響く

ミラノの都市緑化プロジェクト 「フォレスタミ Forestami の一環として、supersalone200本の木の色と香りを再現しました。フェデリコ・オルティカが設計したアートプロジェクトは、マルコ・メンゴーニの音楽に合わせて、印象的なインスタレーションを進化させています。

ミラノサローネと「フォレスタミ」のパートナーシップにより、ロー・フィエラミラノ見本市会場の東口には約100本の木が来場者を迎え、ユニークで快適な環境を提供します。この没入型で感覚的な体験は、来場者を魅了し、持続可能性を重視した見本市へのプロムナードとなります。この「森」は、エントランスにとどまらず、イベントの中心部へと続きます。そこでは、さらに100本の高木が、さまざまな展示スペースや多くの休憩・リラクゼーションエリアで来場者を迎えます。

イベントの入り口に設置されたこのグリーン・インスタレーションに加え、アートプロジェクト「マルコ・メンゴーニとフェデリコ・オルティカの演奏」が相乗効果を発揮します。このプロジェクトは、環境維持と、音響的な共鳴源としての木の持つ作曲の可能性を組み合わせるというアイデアに基づいています。木の幹に触れたり、耳を近づけたりして、音源との物理的な関係を作ることで、イタリアの人気パフォーマーの録音が音のオブジェクトとして、感動的な旅へ導きます。

この「都会の森」は、カエデ、トチノキ、シデ、黄金色とルビー色のロビニア、ユダキモ、イチョウ、リンゴ、スモモ、桐、ナラ、ナナカマド、ライムなど、さまざまな種類の樹木で構成されています。「supersalone」と「フォレスタミ」は、都市における緑の2つの主要な利点、すなわち公害対策と社会的な集まりの場を作ることについて考えることを目的としています。ミラノサローネから「フォレスタミ」に寄贈されたすべての木は、その後、ミラノ首都圏に新たに植樹され、ミラノの大きな 「都会の森(グリーンな肺)」の景観をデザインしていきます。側道、広場、中庭、家の屋根やファサードに木を植え、その存在感を高めることは、実は地球温暖化を遅らせ、エネルギー消費を削減し、私たちが吸う空気から粒子状物質を取り除き、私たちの健康を向上させるための、最も効果的で経済的かつ魅力的な方法なのです。

「supersalone」の植物はすべてピストイアのナーサリーMATI 1909から供給されており、それぞれの植物にはForestami.orgのウェブサイトにリンクしたQRコードが付けられています。このQRコードを使って、ミラノ首都圏市、ミラノ市、ロンバルディア州、ミラノ北公園、ミラノ南公園、エルサフ地方農林局、ミラノ財団、ミラノ大学、ミラノ・ビコッカ大学が推進するプロジェクトに寄付をすることができます。このプロジェクトは、2030年までに300万本の木を植えることで、空気を浄化し、ミラノ大都市圏の生活を向上させ、気候変動の影響に対処することを目的としています。このプロジェクトは、Falck Renewables社とFS Sistemi Urbani社の支援を受けて、ミラノ工科大学が行った研究の成果です。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close