Search

「The Makers Show」 職人、自主制作者、独立したデザイナーが「supersalone」に集結。

The Makers Show: 職人、自主制作者、独立したデザイナーが「supersalone」に集結 ミラノサローネのスペシャルイベントは、ストーリー、メッセージ、感情に実体を与え、新しい方法で問題を解決する独立した制作に扉を開きます。

Makers Showは、ステファノ・ボエリ氏がキュレーションするミラノサローネの特別イベント「supersalone」の中で、世界各国のセルフプロデュースを行うデザイナーに特化したイベントです。デザインと実験、新しい生産技術や素材の研究を融合させ、独自のプロジェクトを生み出すアトリエ、スタジオ、ラボ、スタートアップを紹介します。彼らが展覧会全体に貢献することで、創造的な生活の世界の多様性がより一層明らかになります。このアイデアは、独立したデザインの現状とその方向性についての全体像を構築することを目的としています。

流動的で横断的な展示である「 Makers Show」は、「supersalone」の4ホール全てに広がり、家具からインテリア小物まで、さまざまなタイプの製品を網羅しています。職人技とデジタルの進歩、ローカルなスキルとグローバルなニーズ、専門的な職業と集団的な物語が交差することで生まれる、経済的、社会的、生産的、関係的な新しい価値を内包するオブジェクトが集まります。

異なった、そして相互に補完し合う言語と意図をもって「supersalone 」に参加している “Makers”たちは以下の通りです:

木箱とガラス瓶の「アッラ・モディリアーニ」は、ミラノ在住の日本人、後藤司氏が、日常生活の中で職人の忍耐強い作業によってモデル化された美の有用性を広めることを目的としています。ミラノの建築・デザインスタジオNM3(Nicolò Ornaghi、Delfino Sisto Legnani、Francesco Zorzi)によるアルミニウムとヴェルデアルピ大理石の3つの新しいオブジェ(ベンチと2つの小さなテーブル)では、アルミニウムとヴェルデアルピ大理石の組み合わせが、レーザーカットによる最小限の厚さで評価されています。ミラノを拠点とするPaolo Dell’elce Design Studioが、レイリアの古代の土から作られた釉薬のかかったテラコッタと、ポルトガルへの旅から得た提案を組み合わせたコレクションです。石巻工房の象徴的な製品を、日本で考案された製品のデザインやノウハウを世界のパートナーと共有し、持続可能な新しいビジネスモデルを構築する「Made in Local」の取り組みとともにご紹介します(今回はベルリン製です)。

ピート・ハイン・イーク(Piet Hein Eekの新製品も必見です。彼は、デザインへの学際的なアプローチ、そしてデザイナーという存在へのイニシエーターであり、廃棄されるもの、木くず、すでに他のものに使用されている素材を再評価して使用するという、無駄を省き、持続可能な生活を実現するための長い戦いを始めました。

イタリアのアンドレア・エレナ・フェブレス・メディナ(Superformaや、アムステルダムを拠点とするオランダ人、クーイ(Dirk van der Kooijが提案する3Dプリントの現代的な技術と詩的な発展は、リサイクルされたプラスチックを生き返らせる方法であり、素材と技術に忠実に考えられた新しいランプのデザインに応用されています。

色と形の探求は、ベルリンのレベッカ・シュタンゲ(Rebekka Stange) のサステイナブル・カーペットにも見られます。インスピレーションと生産の両面において、ネパールのカトマンズにあるカーペット工場で手作りされ、アートとクラフトマンシップの出会いを探求しています。また、ハンブルグ出身のジョナサン・ラデッツ(Jonathan Radetz) は、エシカルな思考と行動力を持つネパール人で、アルミニウムをリサイクルするための特殊なプロセス(塩が表面に空洞を残し、ムーンストーンのようになる)の研究結果や、デザインの可能性と革新的な能力を示すことを主な目的としたガラスへの応用を紹介しています。フィンランドを拠点に活動するカテリーナ・クロテンコ(Katerina Krotenk) は、プロセスの開発にも気を配り、ガラスペーストを吹き込んだ木型を燃やした火の勢いをガラス作品の表面に刻み込んでいます。これは、1960年代のフィンランドの巨匠たちへのオマージュであり、物質の自由を表現したものです。ガラスの柔軟性にすっかり魅了されたミレーナ・クリング(Milena Kling) は、伝統を実験的に探求し、倫理的な仕事の方法としてクラフトマンシップを熱心に受け入れ、美しいものや良いものの品質を伝えることに専念しています。その結果、洗練されたコレクションを集めることができるようになりました。

ドイツ人のTimo Wuchnerは、接着剤を使わずに木を使い、複合素材を使わずに、すべてのパーツを完全に分解して、修理や交換ができるような作品を作ることを考えています。一方、イタリア人グループのFrom outer spaceは、人間工学的な寸法、機能的な要求、使用する資源の削減のバランスを求めて、半製品のみでデザインを生産する可能性を仮定しています。デザイナーズチェアに限らず、最も便利な家具を長持ちさせるために、スイスからBureau Brunnerのトビアス・ブルナー(Tobias Brunnerは、必要な場所にエネルギーを運ぶための磁石付きの長いケーブルなど、アドホックなアクセサリーを開発しました。グラディエント・アトリエ(Gradient Atelierでは、耐久性とリサイクルの概念を取り入れ、本物の日常品を通してそれらをより身近なものにするために、総合的なアプローチを採用しています。ベルリン出身のマーサ・シュウィンドリング(Martha Schwindlingは、コンセプト、生産、使用が明らかになっているシンプルなオブジェクトをデザインしています。

テキスタイルでは、スイス・スウェーデン出身のアーティストEstelle Bourdetのハンドメイド作品が、17世紀からスウェーデンに存在する慣習の社会的・家庭的側面を追求しています。経済的な救済方法としてのクラフトマンシップや、現実と同時代性への固執の形態は、フォゴ島ワークショップ集団に見られます。これは、カナダの島に新たな機会を与えるために作られた常設のワークショップで、現在は北大西洋を越えてその成果を広めています。フランスのグループ「トラメ」(Trame) がイタリアとモロッコの間で開発した、最も典型的な素材を使った作品には、地中海の味わいがあります。大学時代の友人3人によって設立された、シュトゥットガルトを拠点とするトリオAnima Onaの作品は、クラフトマンシップ、研究、産業の間に新しい橋を架けることを目的としており、完全に実験的なプロセスでリサイクルされた廃棄物を使用して、エンドユーザーの希望を再考する作品を制作しています。

フランス人のLaurent BelamichPaul Barry  (BelBar Studio)は、アート、デザイン、建築の出会いをきっかけに、有機的なフォルム、最もエキゾチックな影響、巨匠の引用を織り交ぜ、スタイルとクラフトマンシップの知恵をミックスした提案をしています。芸術的なアプローチで、空間に動きや軽さを提案し、実現するBoeeの幽玄なオブジェもドイツからやってきました。また、ガラスと真鍮で作られたDechem社のランプのコレクションにもアートがあります。

最後に、イタリア人のエマヌエル・ガルガーノ(Emanuel Gargano)ESChatologyは、人生の特定の瞬間に焦点を当て、独特の情熱と叙情的な愛着を持って、骨壷やアクセサリーをデザインし製造しています。

「supersalone 」は新しい物語のインキュベーターとなり、オリジナル製品を発見したり、新しい現象に注目したりする機会を提供し、独立したデザイン市場の進化を追い、その主人公たちと直接触れ合うことができます。デザインが関わる様々な側面について立ち止まって考えるだけでなく、実験的、革新的、学際的なアプローチについての対話や好奇心を掻き立てるイベントです。

Close
Your custom text © Copyright 2019. All rights reserved.
Close